❘ 出店をお考えの方へ

開業には準備と緻密な計画が必要になります一部例を記載いたします。


1、開業資金調達

2、開業許可

3、開業計画 (事業計画)

4、開業資格

       等々. . . etc


店舗デザインにお金を投資すべきかどうか?

店舗デザインにお金を投資するかどうかは、難しい判断ですが、店舗デザインにお金を投資することは、

一般には良いことだと思います。

なぜなら、店舗デザインは、お客様の印象や満足度、快適さ、信頼感などに大きく影響するからです。

店舗デザインが良いと、お客様はより長く滞在したり、リピートしたり、口コミで広めたり、

ブランド力を高めたりする可能性が高まります。

また、お金を掛けたからこそ得られるものは多く。これは、売上げや利益にもつながります。

もちろん、店舗デザインにお金を投資するだけでは、成功するとは限りません。

また、ただ流行を追う店舗デザインで最先端を行っているようで、他店も同じようなデザインが

多々見受けられ、逆に個性がなくなり違いが判らない、自己満足の店舗デザインになっていませんか?

時代を先取りすることは良い事ですが、それだけでなく店舗デザインは、店舗の目的やコンセプト、ターゲット層、競合状況などに合わせて、最適化されるべきです。

また、店舗デザインにお金をかけることは、必ずしも高価なことではありません。

工夫や創造力を使って、予算内で効果的な店舗デザインを実現することも出来ます。

例えば、色や照明、レイアウト、素材、装飾などの小さな変更でも、店舗の雰囲気や魅力を大きく変えることが出来ます。

逆に、安さだけを追求する「とにかく安く、ひたすらに安く」「コストを掛けないで」と考えると、

必要な設備投資も出来ませんし、よほど有利な条件が無い限り、やはり成功するお店を作るのは難しくなります。


店舗デザインにお金を投資するかどうかを決める際には、色々なことがあると思います。

一例ですが下記の様なことも検討することをお勧めします。

1、店舗の目的やコンセプト、ターゲット層、競合店などを明確にする。

2、店舗デザインの目標や方向性を設定する。どのような印象や感情をお客様に与えたいか、

どのような行動や反応を促したいかなどを考える。

3、...

4、..    等etc.  .  .  参考までに 


株式会社カズ

Cafeを開業するには

1、物件の選定と契約

2、設計と内装工事

3、飲食店営業許可の取得

4、その他の届出や手続き

5、法人登記

6、開業届

7、防火管理者

8、深夜酒類提供飲食店の営業許可

9、メニュー構成等...色々な事があります


1、物件の選定についてのアドバイス

 カフェの規模やコンセプト、ターゲット層に合わせた立地や広さ、築年数、

 居抜物件かどうかなどを考慮して、物件を探し契約します。

 物件の選定には、予算や競合店の状況、交通アクセスや人通りなども重要です。


居抜物件についての注意点を参考までに

 居抜物件とは、前に営業してたお店の内装や設備が残された状態の物件の事です。

 居抜物件で開業する場合、以下の点のような注意事項があります。

*前店舗の退転理由

 前店舗がなぜ閉店したのかを調べる事が重要です。

 立地や集客、競合店の状況などを分析して、自分のお店のコンセプトやターゲット層に

 合っているのかを判断しましょう。

*造作譲渡

 居抜物件に施工されている内装や設備を利用するために、前借主や物件所有者に支払う     

 費用の事です。

 造作譲渡料は物件に状況や契約条件により異なりますので、契約前に確認してください

 造作譲渡料を節約する方法としては、必要な内装や設備だけを選んで譲渡してもらうこ   

 ことや、前借主と直接交渉することなどがあります。

*内装や設備の状況

 居抜物件に施工されている内装や設備は中古であることを忘れないでください。

 開業後に故障や劣化が起こる可能性がありますので、契約前に点検や検査を行って

 ください。 また、内装や設備が自分のお店のイメージや雰囲気に合っているかも

 確認してください。デザインの自由度が低いと感じる場合は、スケルトン物件を検討

 することも出来ます。

 特に厨房廻りの、防水、各種配管設備、電気、ガス、水道、設備容量等は専門業者

 さんに調査依頼しましょう不具合が後で出ますと膨大な費用が掛かることがあります。